追加の経済対策(補正予算)について (ニュース)

自動車買い替えを支援する追加対策の内容が決定しました。最高25万円助成(乗用車)と、かなりインパクトが大きいです。

5月28日追記。

エコカー買い替え助成金額(実施の際、4月10日にさかのぼって適用される)

白ナンバー乗用車軽四輪自動車
13年以上前の古い車からの買い替え25万円12.5万円
重量税50%オフ、または75%オフ対象車10万円5万円

エコカー買い替え助成 概要

古い車からの買い替えの場合、平成22年度燃費基準を達成(プラス0%以上)していればOKですので、かなり選択の幅は広くなります。そんなに古い車でない場合でも、現在重量税&取得税の減免対象になっている車は、最高10万円の助成金が出ます。期間は来年の3月末までの限定で、予算を先に使い果たしてしまった場合は前倒しで終了します。

助成を受けるために必要なもの

  1. 補助金交付申請書(5月21日現在、まだ書式が決まっていません)
  2. 買った車の詳細登録事項等証明書(車を購入した際に発行します)
  3. 本人確認書類
  4. 廃車にする車の引取証明書(※)
  5. 廃車にする車が13年越え、なおかつ1年以上使用していることを証明する書類(※)
※13年超の車を廃車にする場合のみ必要。

その他注意事項

  • 廃車、登録の手続きは2009年4月10日から2010年3月31日の間に行わなければならない。
  • 廃車から登録までは、3か月以内に行わなければならない。
  • 廃車にした時点で13年経過していなくても、新車を登録した時点で13年経過していればOK。そのため、12年10ヶ月で車検が切れて廃車にする場合、車検を受けなおす必要はない。
  • 5月28日追記:廃車時に13年超であれば、新しい車の登録はそれより手前でもOK。ただし、登録から廃車までの期間は3か月以内。
  • 廃車の初年度登録が車検証で判別できる範囲は、普通車が年月まで。軽自動車は年まで。
  • 普通車の場合、詳細登録事項等証明書を取得すれば年月日まで分かる。
  • 軽自動車の場合、初年度登録の詳細が記録されるようになったのは最近のため、月日の証明が困難である。13年の計算は、あくまで証明できる書類を元に判断される。初年度登録時の自賠責、車庫証明の控えなどがあれば証明可能。

トラックバック

当社の自動車、パーツを購入された方からのトラックバックを募集しています。

AUTOACE TrackBack policy (AUTOACE tbp)
  1. スパムサイトではない。
  2. スパムコメント、トラックバックを放置しない。
  3. 事実に基づいた内容。
  4. 日常とかけ離れた内容を含まない。

トラックバックURL:
http://www.autoace.co.jp/cgi-bin/mt/mt-toraba.cgi/987

質問(コメント数:2)

HH初心者:

平成22年6月16日に13年目をむかえる車を持っており、新車の購入を考えています。例として、新車登録を平成22年4月5日に行い、その後6月18日に旧車を廃車とすれば、3カ月以内であるので補助金は受けれるのでしょうか。

又、新車登録した後、廃車日までの間、旧車両はデイーラーが保管等をしてくれるのでしょうか。宜しくお願い致します。

AUTOACE:

予算が残っていれば、助成金の申請は可能です。廃車する車を預ってくれるかどうかは、販売会社の対応次第です。このあたりの対応は販売会社によってまちまちですので、何社か問い合わせをされてみた方がよいでしょう。なお、投稿された文章では販売会社ではなく、ディーラーとなっていたものを修正いたしました。

質問を投稿

注:名前、メールアドレスの記入をお願いします。名前、質問の内容は原則として公開されます。本名は記入しないでください。メールアドレスは公開されません。質問は、オーナーの確認後に表示されます。本サイトと関係ない書き込みや、明らかに内容に問題のある(誹謗、中傷等)書き込みはお答えできない場合があります。質問は善意の第三者を装った関係者の書き込み等が含まれる場合があります。訪問者のコメント内容についての確認は行っていませんので、内容の正誤については保証いたしかねます。公開を望まない場合、メールで質問をお願いします。