プリウス(NHW20)の特性 (ニュース)

現在、完成度の高さが評価され、中古車が人気の2代目プリウス。走行の伸びている車も多く、バッテリーや、10万キロ越えの必要経費なども気になるところです。まだまだ新しいハイブリッドシステムの車は、すぐに壊れるのではないかという不安を皆持っています。

結論からいえば、プリウスは走行20万キロ越えも可能な車です。すでに、タクシーとして20万キロオーバーの実績があります。

特性

初代プリウスのデータとフィードバックを受け、完成度の高い車に仕上がっています。発売当初は疑問視されていた耐久性も、実績の裏付けを受けて高い評価を得ています。オーナーは、特にハイブリッドであると意識することなく乗ることが可能です。逆に、ハイブリッドらしさを生かした乗り方ももちろん可能です。空気抵抗の低さから、高速道路の走行も軽快です。気がつくとビックリするようなスピードが出ていることもあるので、ご注意ください。いや、別に故意にそんなスピードを出してる訳ではありませんよ?ホントホント。燃費性能の良さは言うまでもありません。高速を滑るように走るもよし、燃費を0.1刻みで競うもよし。意外と乗っていて楽しい車です。

交換部品

交換部品に関しても、通常10万キロで交換する必要がある、タイミングベルトがありません。回生ブレーキを使用しているため、ブレーキパッドの摩耗も少ないです。

最大の懸案はバッテリーですが、補器バッテリー(通常の車に使用しているような小さいバッテリー)は定期的に交換する必要がありますが、動力源のメインバッテリーは、通常20万キロでも交換する必要がありません。プリウスで使用するニッケル水素バッテリーは、充電と放電を繰り返すと寿命が縮みます。そのため、過度な充電と放電をしないことにより、寿命を飛躍的に延ばしています。

ハイブリッド車の取り扱い

ハイブリッドは今までの車とは構造が異なるため、整備について敬遠されがちですが、当社はハイブリッド取り扱いの講習を受け、ノウハウを蓄積しています。次世代の車を乗りたい方に、適切なアドバイスができるよう心がけています。次世代の自動車に触れるには、プリウス(NHW20)はまたとない車です。ぜひご検討ください。

トラックバック

当社の自動車、パーツを購入された方からのトラックバックを募集しています。

AUTOACE TrackBack policy (AUTOACE tbp)
  1. スパムサイトではない。
  2. スパムコメント、トラックバックを放置しない。
  3. 事実に基づいた内容。
  4. 日常とかけ離れた内容を含まない。

トラックバックURL:
http://www.autoace.co.jp/cgi-bin/mt/mt-toraba.cgi/994

質問を投稿

注:名前、メールアドレスの記入をお願いします。名前、質問の内容は原則として公開されます。本名は記入しないでください。メールアドレスは公開されません。質問は、オーナーの確認後に表示されます。本サイトと関係ない書き込みや、明らかに内容に問題のある(誹謗、中傷等)書き込みはお答えできない場合があります。質問は善意の第三者を装った関係者の書き込み等が含まれる場合があります。訪問者のコメント内容についての確認は行っていませんので、内容の正誤については保証いたしかねます。公開を望まない場合、メールで質問をお願いします。